みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
フナヤン
フナヤン
清武町で「釜あげうどん ふなや」をしてます。大将のフナヤンです。
「昨日よりさらに美味しく!」をモットーに、がんばっております。
最近、生ごみリサイクルを始めた事で、食や農に対する考えが、変わりました。
家族の食生活までも変わりました。
お店の方でも、食の大事さなどを伝える事のできる様に、これからがんばっていきます。

営業時間 11時~15時半 麺切れ終了
定休日 日曜+不定休(ホームページ、店内カレンダーにて確認できます)

℡0985-85-3159

ホームページをご覧下さい。
http://www.kitenn.jp/funaya/


市民団体 みやざき大地といのちの会 
もやっております。
長崎佐世保のNPO法人大地といのちの会 吉田俊道代表の
生ごみリサイクル元気野菜作り・元気人間作りを
宮崎でも普及させる為 活動しております。

また、子供が買出しから調理片付けまでする「弁当の日」を
宮崎にひろげるべく、微力ながらがんばっております。
オーナーへメッセージ

2010年12月01日

うどんごっこ(うどん打ち体験&ミニ食育講座)

11月21日(日)
長女のクラスで クラスレクレーション があった。

私は、講師!
だってうどん打ち会ですもん。

色々と準備を練り上げていました。

まず「小麦のお話」を少し。
自給率のお話。国産小麦への思い。

いよいようどんを作ります。
今回、使用小麦はASW(オーストラリア産)を使用。
なぜなら、以前、子供とうどん打ち会をやった際、国産小麦を使用。
扱いにくい国産小麦は、微妙な水分加減で麺質が随分と変わります。
上手にできなかった教訓から、体験会にはASWと考えておりました。
その代わりに、お店から持ってきた、国産100%のうどんを
別茹でをして、食べ比べをしてもらいます。

各自、大人も子供も一人で 一人前の生地を作り 切ります。

塩水と小麦粉を混ぜ混ぜ~~


次は踏みまーす


団子状にしたら、30分ほど一休み。

その間に プチ食育講演です。

食べるという事の意味を皆で考えました。
そして、何故 弁当の日をするのか お話をしました。
話をしていて、かなり手応えを感じる事が出来ました。
短い時間だったけど、伝わったかな・・・・?

いよいよ次は、伸ばし作業です。
麺棒で、伸ばしますよ。

粉まみれで楽しそうだね♪

包丁で切って
そして、各班で茹でます。

水で洗って、一人ずつ丼にもります。
完成です!


さ~~~ここからが、楽しい時間の始まり♪

「讃岐 製麺所タイプ セルフうどん」の再現です。
自分でチャッチャ!とテボで温めて~
好きな出汁をかけて~~
薬味~~
天ぷらをのせて~~~


いただきま~~~す!!!!


皆、ウマウマ・・・・ウマウマ・・・

おかわりの行列(笑)

大人も子供も楽しそうでした。

私も楽しかった~~~~♪

良いうどん打ち会でした。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
アオタイ完走
食育寺子屋 ふなや 始動!!第一弾セミナー開催!
いのちをいただく勉強(近藤自然農園)
高千穂の峰登山
音楽のシャワー
家族キャンプ アウトドア料理!!
同じカテゴリー(その他)の記事
 アオタイ完走 (2013-12-28 22:48)
 結果よりプロセス (2013-12-05 16:39)
 青島太平洋マラソン!フルマラソンに挑戦します! (2013-11-17 23:48)
 久しぶりのブログ更新です! (2013-10-22 23:32)
 枯れない観葉植物 (2012-02-29 00:57)
 食育寺子屋ふなや 第2弾 石鹸作りワークショップ (2012-01-17 23:20)
Posted by フナヤン at 01:18│Comments(3)その他
この記事へのコメント
ご活躍の事
私も先日、嫁の叔母さま方の関係にうどん打ち教室をしましたよ。
Posted by きぃち at 2010年12月01日 13:03
 ご苦労様でした。子供たちの笑顔を見ると疲れも吹き飛んだでしょう。
 各自が練り、寝かし、延ばし、線切りを体験できたのは良かったと思います。きっと思い出に残るでしょう。
Posted by ボールツリスキー at 2010年12月01日 19:52
>きいちさん
お久しぶりです!きぃちさんも、うどんソウルを持ち続けていらっしゃるのですね!
また、どこかでお会いしたいですね~。

>ポールツリスキー先生
全工程を通しでやるのが、楽しいですよね!
2時間前、目の前にあった粉が、いつの間にか
美味しいうどんになるんですもの!
しかし、ASWは優秀です。(ちなみにすずらんでした)
子供でも、素晴らしいうどんを作ります。
Posted by フナヤン at 2010年12月02日 07:58
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
うどんごっこ(うどん打ち体験&ミニ食育講座)
    コメント(3)