みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
フナヤン
フナヤン
清武町で「釜あげうどん ふなや」をしてます。大将のフナヤンです。
「昨日よりさらに美味しく!」をモットーに、がんばっております。
最近、生ごみリサイクルを始めた事で、食や農に対する考えが、変わりました。
家族の食生活までも変わりました。
お店の方でも、食の大事さなどを伝える事のできる様に、これからがんばっていきます。

営業時間 11時~15時半 麺切れ終了
定休日 日曜+不定休(ホームページ、店内カレンダーにて確認できます)

℡0985-85-3159

ホームページをご覧下さい。
http://www.kitenn.jp/funaya/


市民団体 みやざき大地といのちの会 
もやっております。
長崎佐世保のNPO法人大地といのちの会 吉田俊道代表の
生ごみリサイクル元気野菜作り・元気人間作りを
宮崎でも普及させる為 活動しております。

また、子供が買出しから調理片付けまでする「弁当の日」を
宮崎にひろげるべく、微力ながらがんばっております。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  
Posted by みやchan運営事務局 at

2009年04月16日

当店のうどんの紹介

畑の話しばかりでしたが・・・

今回は、うどん屋らしく うどんの紹介をしまーす。

下の写真は「天もりざるうどん」です。現在は680円。数日後、700円に値上げの予定です。理由は後ほど・・


麺は、福岡産チクゴイズミ石臼挽き と 讃岐産 さぬきの夢2000 に加え、自分で畑で作っている チクゴイズミを
自家製粉した全粒粉を 少々。
国産100%で作ったうどんです。
ふすまも沢山入ってますので、うどんの色もほんのりと 黒ずんでます。それに全粒粉のツブツブが入ってます。
ミネラル、食物繊維、沢山の 元気の出るうどんを 目指してます!
おまけで、店主の感謝の気持ちでもあります ピンク色の麺が飾りに1本2本入ってます。
ピンクは、種子島産の紫芋の粉を練りこんで作ってます。



出し汁は、 昆布、鰹節、鯖節、いりこ、しいたけ などは、国内産の材料でダシを取り
醤油は 熊本産の有機小麦大豆を使用した、天然醸造の 無添加の 本物の醤油を使用してます。

うどんの麺。出汁。薬味。これだけで言えば、「食品添加物ゼロ」のうどんを実現しました。

他、天ぷら、寿司、炊き込みなどは、ちくわ、れんこん・たけのこ水煮(季節によっては)などの加工品を使用してますので
どうしても添加物ゼロではありません。がしかし、できるだけ、安心で美味しい物を追求してます。
寿司の紅生姜も、当然、私の手製ですヨ
(あまり大きな声では 言ってないですが 10年前から ふなやの 全ての食べ物・味  2代目の私が作ってます!
あまり信じてもらえてませんが・・・)

当店は、母が昭和53年に創業、現在32年目です。
私の代になり、10年を過ぎました。
今まで、メニューを変えたり、麺自身の変化は 常に進化をしてきました
この中、出汁だけの「かえし」だけは 創業当時のままでした。
母から受け継いだこの味に、プライドもありますし これからも2代目として大事に
していきたいと思ってます。
しかし、醤油という調味料を勉強したとき、「本物」の存在を知りました。
日本の代表する発酵調味料。先人の知恵から生まれた この素晴らしい醤油は
実の所・・・・今、普通に売られている物は・・・・。
この現実を知り、体に良い食べ物とは?と考えた時に
醤油や酢、みりん。コストはかなり割高になるものの
より美味しく、より体が喜ぶ 食べ物であった時
作り手として自信を持って お客様に提供できるのでは?と思い
半年ほど前から、調味料を本物へ変え、なおかつ 母から受け継いだ味を壊す事なく
そして、さらに美味しく進化するという事を目標に研究して参りました。

そういった経緯で、現在のふなやの味があります。
調味料は、すべて1ヶ月ほど前から 変更して行き
3月20日頃から、現在の物になっております。
しかし、メニュー表の書き直し、その他若干のメニュー変えの準備不足のため
値上げが実行しておりません。
4月の中旬には、うどん 20円 御飯もの 10円 の値上げをします。

これからも、さらなる美味しさの極みを目指して
精進していきます!!

皆様 応援宜しくお願い致します!!!!

店主 フナヤン
  

Posted by フナヤン at 00:59Comments(4)お店の事(うどん)